リスクマネジメントと保険制度

リスクと保険について

社会保険と民間保険

現代の日本には数多くの保険制度が整っており、保険商品の数も非常に多くなっています。

しかしそんな保険にも大きく分けて国が行っている保険と、民間企業による保険とに分ける事が出来ます。多くの人はこの二つの保険を自身の目的に合わせてうまく使う事で将来への不安を軽減する事が出来る可能性がありますので、まずはこの二つの保険に関して知っておきましょう。

まず社会保険とは国民年金や厚生年金保険、労災保険等の国が行っている保険となります。保険料も保険によっては事業主が負担をしたり、免除があったりと国が行っている分加入すべき保険であり、各種保険のベースとして考える事が出来る保険となっています。

そして、民間保険とは民間の生命保険会社や損害保険会社が行う制度となっています。

民間保険は原則保険料金は契約者が負担する事になり、加入も任意となっていますので、各種保険商品の中から自身に合った保険商品を選択して契約する事が出来る様になっています。

そして保険給付の金額も契約者によって決定する事が出来る点にメリットがあり、取捨選択型の商品と言っていいでしょう。

この様に国による保険をベース保険とし、民間による保険を付帯させる事で自身が望む保険商品を合わせる事が出来ます。

コメントを受け付けておりません。