リスクマネジメントと保険制度

リスクと保険について

社会保険の種類

医療保険・年金保険・介護保険・雇用保険・労災保険の5種類の社会保険と呼ばれるものが有り、これは社会保障の一つとなっています。

国民が生活する上での疾病・高齢化・失業・労働災害・介護などのリスクに備えて、事前に強制加入の保険に入ることにより、リスクが起きた場合に現金や現物支給により生活を保障するというものです。

この社会保険というものは、保険の仕組みを利用し、一定の事故に対する給付を行う物で、個人の努力では救済しきれない経済的損失を国家または社会が集団の力で救済するという、社会的目的の為であり、一定の要件に該当する者を当然の対象とし強制加入が原則となっています。

これらの社会保険と、民間保険とはどのような違いが有るのでしょうか。

民間保険とは、社会保険とは違って任意の保険となります。

この保険は民間の営利または非営利団体により行われているもので、大きく分けると損害保険と生命保険の大別されます。

損害保険とは偶然の事故によって生じた損害を補償する保険となります。

対して生命保険は、人の生死に関して起こる保険事故に対して、その損害の金額の多寡にかかわることなく、一定の金額を支払われる事となっています。

社会保険では、その保険料の支払い料金は、所得によって差は有りますが、原則一律で同じ保障を受けられるような制度になっています。

対して、民間保険では、保険料に応じて保障内容が厚くなるため、保険料を多く支払うほど、その分多くの保障が受ける事が出来るようになっています。

コメントを受け付けておりません。