リスクマネジメントと保険制度

リスクと保険について

保険の原則

日本人の多くが加入している生命保険。この生命保険の保険料に関して、どういった基準で決定されているのかご存知でしょうか。

各民間生命保険企業はいくつかの原則や計算方法に沿って計算しています。

大きく分けて二つの原則や法則がありますが、まずは大数の法則です。

この法則は一つ一つの事象は偶発的なものであっても、事象を数多く集めて大数で見ると一定の法則性が見いだせるという考え方です。

つまり多くの人の事例を集める事で、どれぐらいの割合で病気になったりというデータが抽出され、数が増えれば増える程そのデータの正当性が上がるという考え方です。

そしてもう一つが、収支相等の原則です。

この法則は保険契約者が支払う保険料の総額や保険会社の運用益による収入と、保険会社が支払うべき保険金や予定経費による支出が等しくなる様になる考え方です。

つまり多額の利益が出ない様にや、逆に多額の損失が出ない様に計算されています。
この様に、明確な計算方法を元に各社各商品の保険料を決定しており、我々が支払う保険料に反映しています。

的確な保険料金を算出するために管理されていますので、自身が加入する保険に合った保険料が設定されているという事を理解しておきましょう。

コメントを受け付けておりません。