リスクマネジメントと保険制度

リスクと保険について

リスクマネジメントと保険制度

企業活動を行う上で、事故や災害・訴訟・人材喪失など様々なリスクが想定されます。
それらのリスクは、突然に起こり、経済手活動に支障を起こします。
リスクをあらかじめ想定し、リスクを予防する為の管理・対策を講じることをリスクマネジメントといい、現在では常識とされています。
リスク管理の中心となるリスク処理の技術には、リスクコントロールとリスク・ファイナシングの2つがあります。田舎01
リスクコントロールは、1)回避、原因自体を止める2)損失制御、軽減処置をする3)結合、予知能力や対処機能を増加させる4)分離、リスクの独立・分離を行う5)移転、リスクを移転させる、以上5つに分けることが出来ます。
リスク・ファイナシングとは、リスクが発生した場合の資金対策のことで、保有と移転の2つに分けられます。
保有とは、リスクが発生した場合の損害を、会社で補う方で、借入・引当金・自社での積立金等が考えられます。
移転とは、リスクの金銭的な損害を他社に任せる方法で、この方法の代表的な方法は保険が考えられます。
今日のようにリスク管理が叫ばれる以前から、保険の必要性は考えれていました。
特に、中小企業においては、人材リスクは危急の問題で、社長が死亡された場合、会社も倒産の危機を迎える可能性があります。